スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバーバーチの霊訓について

シルバーバーチとは
book-67.png
シルバーバーチ(Silver Birch)は、英国において1920年から約60年間に渡って英国人モーリス・バーバネルの肉体を借りて人生の奥義を語ってきたスピリット。今から3000年ほど前に地上生活を送ったという、霊界でも指導的な立場にある霊団の高級霊です。シルバーバーチは人類最高の宝である「霊的真理」を語り続けた霊界のメッセンジャー。

私がシルバーバーチを知ったのは、前に紹介した2冊のスピリチュアリズム本を読んだあとでした。ネットで検索し、心の道場(現スピリチュアリズム普及会)のホームページを知ったのです。近藤千雄氏の翻訳で、そのほとんどが購入でき、何冊かはネットで無料閲覧できます。

そのなかから霊訓の学び方を、普及会推薦書を順をおって購入したのです。

book-105.png
シルバーバーチの霊訓のよさは、わかりやすいことにあります。
宇宙規模のスケール、次元を超越した叡知、そして歴史を知りつくしているから語れる社会の真実など、わたしたちの日常の生活からは計りしれない貴重なメッセージが記録されているのです。

その内容には、すべての人が知らなくてはならない生命の真実が秘められているのです。
精神指導者(マスター)たち、光の人・高次元異星人など、みんな同じことを私たち地球人に語っているのです。
たびたび記述していますが、それは以下のことです。



生命とは魂・霊であり、肉体の死後も、その特質や記憶をもちつづけ永遠に生き続けるという事実。

団体でも個人でも、その行為の責任は自らとらなくてはならず、誰もその代償を肩代わりしてもらえないということ。

各自播いた種を、みずから収穫するという真実。(因果律の法則)

人生の意味とは、精神性を高め、個人の潜在する特技などを発達させることにあるということ。

人それぞれの意識状態で、生活する惑星・次元が決められているという真実。

これらのことが、精神世界での基本事項であるような気がします。
私はそれまで、そのようなことを考えたこともなく、その英知を知りませんでした。
現在の社会状況からすると、霊的真理を知らない人が多いのかもしれません。

book-76.pngbook-72.pngbook-73.png

たとえ法律のことをよく知らなくても、多くの成人は多かれ少なかれ、自己判断で善悪を判断できると思います。
ですが、自分たちの取りまく環境や、職場の人たちからすこしずつ影響を受けていくのではないでしょうか。

だれしも、他人に干渉されない自由な生き方をしたいと願っていると思います。
ですが、フリーターでは、職を得るのも大変で、家庭をもつこともできないかもしれません。わたしの経験からでも、陰湿な生活妨害を受けるのです。

生活のほとんどすべてのことがらを職場の上司や、周囲の人たちの意向で決められてしまうような環境が問題なのです。NOといえば、腕組みをされ、失職においこまれてしまうような上下関係はどう考えてもおかしいからです。もちろんセクハラが違法なのは誰でも知っているのでしょうが。

先日、くそ仕事(JOB IS SHIT)のブログが閉鎖されました。
かなり盛り上がっていたようで、多くの人が職場での理不尽さを投稿されていたようです。
わたしもよくそこを訪問しており、投稿記事を読み、みんな同じような環境にいるんだなあと思っていました。

そのブログ管理人さんの説明によると、何者かに命を狙われていたそうです。
そして、すべての記事を削除したとコメントされていました。

残念ですが、ネットの世界もそのようなことにかんしては検閲があるようです。
他にもアセンションブログ管理人さんも、同じようなことを語っています。
わたしも、交通事故で殺されそうになったことがありました。

自由どころか、暴力による徹底した支配・権力保持をはかっているからです。
組織的にストーカーを受けたり、生活妨害、嫌がらせで自殺にまで追い込まれるようです。

わたしの場合は、隣・近所からの電磁波(不快音)で睡眠ができないことが多くありました。
夢で銃をつきつけられたことも何度かあります。
別に法を犯してるわけでもなく、ごく普通の生活をしているだけなのですが。
その普通で関係ないのが気に食わないようです

引越しや、海外逃亡など、金銭でいくら使ったかなど考えたくもありません。
精神的なダメージのほうがそれよりはるかに深刻です。
このようなことを書いていると、気分が悪くなり吐き気がしてきます・・・
自由を得たいという希望は、そのように人生をかけるほどの大問題なのです。

私たちの取りまく社会にはさまざまな組織がありますが、シルバーバーチのような高次元の霊会通信によると、政治や宗教のような組織があるのは地上だけだそうです。寺も教会もないと語っています。
もちろん、戦争がないので軍隊もありません。
それら組織の秘めたる真の目的は、すべて同じかもしれません。

それがこの社会の実情を物語っているのではないでしょうか。
そのような意味では、昔も今も何も変わらぬ奴隷社会といえます。

怒りや憎しみの感情が起きますが、それではスピリチュアリズムを知ったことにはなりません。
そのような気の毒な人たちに、愛の想念を送ってあげるべきでしょう。
いつかはその人たちも光の道を見出すことができるように・・・。

book-110.png
シルバーバーチの霊訓以外にも、有名な霊界通信があります。
私は、上記したスピリチュアリズム普及会から、マイヤースの通信を2冊購入しました。

個人的存在の彼方 ジェラルディン・カミンズ 著  近藤千雄 訳
Beyond Human Personality by F.W.H.Myers

永遠の大道      ジェラルディン・カミンズ 著  近藤千雄 訳
The Road to Immortality  by F.W.H.Myers



book-115.png
哲学的に各階層のことをよりよく知ることができます。
シルバーバーチと比較すると、すこし難しいと感じるかもしれません。



book-116.pngbook-117.png











スポンサーサイト
プロフィール

ふうてんネコ

Author:ふうてんネコ
このBlogは個人の日記・雑記帳のようなものです。
写真・ビデオ・イラストまたは記述の転載にかんして、その著作権はそれぞれの版元に帰属しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。